もうすぐ花嫁。

もうすぐ花嫁。

結婚式を控えてドレス姿がマシに見えるように悪あがきする20代女のブログ

もうすぐ花嫁。

【クレイケーキの作り方】100均の材料で「クレイケーキ」を手作り!ウェルカムスペースにもおけちゃう♪

f:id:diet-hanayome:20190206175118j:plain


 

こんにちは!小春です。

リングピローに続き、クレイケーキも手作りしました!

 

 

ちなみに、リングピローの作り方はこちら ↓ ↓ ↓

100均の材料で作りました。

材料費も安くて簡単なのに、手がこったように見えるのでオススメです(笑)

 

diet-hanayome.hatenablog.com

 

さてクレイケーキに話を戻します。

クレイケーキとは、粘土(クレイ)でできたデコレーションケーキのことです。

 

長期間保存ができますし、飾りつけによってオリジナルなものができるので、ウェディングアイテムとして人気です。

 

ただこのクレイケーキ、可愛いんですけど業者に頼むとけっこうお高いんですよね。。

 

ですが、その存在感は抜群!ウェルカムスペースにあれば絶対可愛い!!

 

というわけで、ケチケチな私は100均の材料でクレイケーキを手作りしてみました。

全てダイソー商品!1000円ちょっとで出来上がりました。

 

私が作ったクレイケーキはというと…

コレです。

 

f:id:diet-hanayome:20190115174412j:plain


写真では小さめに見えますが、高さ15㎝、幅20㎝ほどの大きめサイズなので、ウェルカムスペースに置けば存在感もありますよ♪

 

調べるとお誕生日の飾りに使用している方もいたので、ウエディング以外での使用目的でもクレイケーキはオススメです!

 

作り方をまるっとご紹介するので、この記事を読めば簡単にできちゃいますよ~!

 

これからクレイケーキを手作りする方は参考にしてみてください♡

 

 

 

用意する材料

 

 クレイケーキ作りで用意した材料は以下の通りです。

今回、ボンド以外はダイソーで揃えました。

 

必要な材料
💛円形の箱(大中小の3つ)
💛リボン1種類、レース1種類
💛ホワイトローズの造花2個
💛ビーズ2種類(白パール、グラデーションパール)
💛紙粘土1個(白色)
💛その他…グルーガン、ボンド、白か透明の糸

 

f:id:diet-hanayome:20180928142552j:plain

ずらっと並べるとこんな感じ。

購入したホワイトローズの造花はコレ↓です。(一緒に撮り忘れました…笑)

f:id:diet-hanayome:20180928142733j:plain

 

箱についてですが、ケーキ=円形のイメージがあったので、大中小のサイズを3つ購入♪

紙粘土は当初2つ購入しましたが、1個で十分でした。

 

作り方は6ステップ!

 かなり大まかですが、私のクレイケーキ作りの基本はこの6ステップです。

 

①土台となる箱同士をくっつける
②箱に紙粘土をはりつける
③【飾りつけ①】レースを表面にはりつける
④【飾りつけ②】パールを飾り付ける
⑤【飾りつけ③】リボンを巻き付ける
⑥【飾りつけ④】てっぺんに造花を固定

 

といってもほぼ飾りつけですね(笑)

土台部分のみを参考にして、飾りつけを変えてオリジナルのクレイケーキにするのもありです♪

では、作り方を詳しくみていきましょ~!

 

土台となる箱同士をくっつける

まずは、クレイケーキの土台となる円形の箱(大中小の3つ)をくっつけます。

 

ここで使うのは「グルーガン」です。

ボンドで頑張ってくっつけても良いですが、グルーガンなら乾くまで待つことなく接着できるのでオススメ。

ちなみに私はダイソーで購入したものを使っています。

 

まずは、フタがあかないように、それぞれ3つともフタと本体をくっつけます。

そして、ふた部分が下になるようにひっくり返して箱同士を接着します。

 

ひっくり返したのはフタ部分の段差が気になったため。こっちの方がバランスがいいかなと。完全なる好みです(笑)

下の画像のように下から 大→中→小 となるように固定してくださいね。(画像は固定前なので中心よりずれています)

 

f:id:diet-hanayome:20190115170025j:plain

 

②箱に紙粘土をはりつける

箱同士を固定し終えたら、今度は箱の表面に紙粘土をくっつけていきます。

 

はりつけた紙粘土が剥がれるとイヤなので、箱の表面にボンドを薄く塗りました。

そして、出来上がったのがコレ。↓↓↓

 

f:id:diet-hanayome:20180928142632j:plain

 

正直、この工程が一番大変と言っても過言じゃないです。

 

地味だし、張りつける面積多いし(笑)

ひたすら無心で仕上げていきます。

 

★ポイント★
全体のバランスを見つつ、紙粘土が均等にくっついているかを確認しながらはりつけるのがキレイに仕上がるコツです。

 

「表面がデコボコしてるなー」とか「指紋ついてるなー」という時は、

指に少量の水をつけてから撫でるように表面をこするとキレイになります。

 

ただし、紙粘土なので「つるっ」とした質感にするのは限界があります(私の実力不足もあるけどww)

 

そこで、へらを使って表面にあえて傷を作ってみました。微妙だけど。

画像ではかなり見えにくいですが、ギザギザのラインが表面についています。

 

これでケーキっぽくに見えればいいなーと。

 

f:id:diet-hanayome:20180928142704j:plain

 

ヘラは昔買った「靴用接着剤」の付属品のヘラです。こんなところで役に立つとは。

表面に模様付けるだけなら何を使っても大丈夫です。

 

念のため商品情報だけ貼っておきますねww

 

 

ネットをググったら、『500番~800番くらいのヤスリで磨くと、表面がツルツルになる』との声も見かけました。どうしても表面をつるつるにしたい!という方は、試してみてください。

 

③【飾りつけ①】レースを表面にはりつける

紙粘土を貼り終わったら、ツライ工程は終わりです。ここまでくれば、ほぼできたも同然。

 

あとは自分の好きなように飾りつけをしていきます。

私の場合、まずは一番下段にレースとリボンをボンドでくっつけました。

レースをぐるっと一周張り付けて、その上から細いリボンをくっつけています。

 

アップで見るとこんな感じ。

 

f:id:diet-hanayome:20190115174728p:plain

 

④【飾りつけ②】パールを飾り付ける

次にパールを飾り付けます。

本体にパールを直接張り付けるのは耐久性が心配なので、糸でつないでネックレス状にしてから、クレイケーキの中央部にぐるっと設置します。

 

使うのはビーズ2種類(白パール、グラデーションパール)です。

「なんで2種類なの?」って思った方、もちろん1種類でも何ら問題ありません!

 

なぜ2種類にしたかと言うと、「グラデーションパールのみだと主張が強いし、白パールだけだと目立たない…じゃあ2つ組み合わせればよくない?」と思ったため(笑)

 

パールを用意したら、あとは白か透明の糸を手元に用意してください。(パールの穴に通るものなら何でも可。)

 

白パール→グラデーションパール→白パール→グラデーションパール…と交互に糸に通していきます。

 

土台にピッタリな長さになったら、糸の端と端を結んでネックレス状にします。

(上手く結べないよーという方は、少量のグルーガンで糸同士をくっつけるのもアリですよ!) 

 


⑤【飾りつけ③】リボンを巻き付ける

一番上の土台にリボンを巻き付けます。

ななめ横から見たらこんな感じ。

 

 

f:id:diet-hanayome:20190115175955p:plain

 

キレイに結ぶのが難しかったので、リボン部分は2パーツに分けています。

 

  • そのまま土台に巻き付けるだけのパーツ
  • リボンの形に成形してから張り付けるパーツ

 

リボンの成形は以下の動画を参考にしています。

 


【DIY】綺麗なリボンの簡単な作り方(ミシン不要)🎀How to make simple easy Bow🎀Tutorial/No SEW

 

リボンだけでもいいですが、キラキラした花型の飾りが手元にあったのでそれもグルーガンでくっつけてみました。

ちなみにこれもダイソー製品です(笑)

 

⑥【飾りつけ④】てっぺんに造花を固定

最後に、全体のバランスをみながらホワイトローズの造花を一番上に飾り付けます。

接着はグルーガンを使いました。

 

斜め上から見るとこんな感じ ↓↓↓

f:id:diet-hanayome:20190206175510j:plain

 

納得のいく配置ではりつけられたら、完成です!

完成したクレイケーキはこんな感じ↓↓↓

写真のセンスがないのはお許しください…(笑)

 

f:id:diet-hanayome:20190115174412j:plain  f:id:diet-hanayome:20190115174407j:plain

 

こうすればよかったと思ったこと

完成してから「こうすれば良かった」と後悔したのは、ホイップねんどを使わなかったことですかねえ。

 

なんでかというと、ホイップ粘土を使っていたら、さらにケーキっぽく仕上がっていたかもしれないので。

 

ホイップ粘土っていうと、例えばこんなのです。

 

ホイップねんど白 35g 日本製【まとめ買い10個セット】32-685

 

あとは、比較的薄めに土台に紙粘土をはりつけたんですが、全体的に角ばった印象になったので、もっと厚めに張り付けて、全体的に丸みを持たせても良かったかもしれないです。

 

こだわり始めるときりがないですね…

でも作ってて楽しかったので良しとしますww

 

最後に

紙粘土なので軽いですし、通常のケーキと違って持ち運びにも便利です。

1つ作って飾るだけでも華やかになるので、用意してみてはいかがでしょうか。